今なぜ、新時代の戦略研究なのか

20世紀最後の10年を人は失われた10年という。たしかに戦後から一貫して成長をつづけてきた日本にとって、この10年間のマクロ・レベルでの停滞は大きなショックであった。しかし、私たちはその表面的な停滞の中で、敗戦直後にも似た強烈な崩壊と初々しい再生の混在を経験しているのである。21世紀を担う膨大な数の多様な生命体が生まれ落ち、育ちつつある。それらは次代への測り知れないポテンシャリィティを内にもつ。それは明らかに20世紀を形づくってきた原理とは異なった、新しいシステム形成の基本によるものである。我々は国内外の将来に対してより良い環境を整備して行くために同じ志を持った仲間で集まり、議論し、政策提言すること目的としている。

INFORMATION

  1. 第207回INES研究会(オンライン・セミナー形式)
  2. 肝炎撲滅プロジェクトWEBサイトに、2020/11/17に発表した、「白書 (C型肝...
  3. 中長期的な経済成長の水準と連動した薬剤費総枠マネジメントと イノベーティブな医薬品の適正評価を両立させた薬価制度改革案を発表
  4. 第206回INES研究会(オンライン・セミナー形式)
  5. ポストCOVID-19全世代型社会保障制度の実現に向けた提⾔
  6. 第205回INES研究会(オンライン・セミナー形式)
お知らせ一覧
PAGE TOP