プレスリリース

中長期的な経済成長の水準と連動した薬剤費総枠マネジメントと
イノベーティブな医薬品の適正評価を両立させた薬価制度改革案を発表
財政、社会保障に関わる有識者で構成する「INES新薬イノベーション研究会」が
主要製薬企業へのヒアリングを通じて立案

日時:2021年5月28日(金)

社会保障を中心とした様々な分野での政策立案や提言を行う、一般社団法人新時代戦略研究所 (INES:Institute for New Era Strategy、本社:東京、代表:朝井淳太)は、2021年5月28日、年金制度で活用されている『マクロ経済スライド』を薬価制度にも導入することで、中長期的な経済成長に見合った薬剤費の総額上限を設定しつつ、革新的医薬品の価値に関する適正評価も両立させた、新たな薬価制度改革案を発表しました。
詳細は下記の資料をご覧ください。

【プレスリリース】2021年5月28日
【資料】薬価制度改革案の詳細:財政の持続可能性と整合的な新たな薬価制度改革案

新時代戦略研究所(INES)新薬イノベーション研究会

医薬品のイノベーションが適切に評価され、イノベーティブな医薬品を日本の医療従事者・患者にいち早く届けることを目的とし、アカデミアやその趣旨に賛同する日米欧の製薬企業が協賛となり医療制度に関わる諸課題について議論を深めるために2020年7月に発足しました。

■参画メンバー(五十音順)

有識者(アカデミア) ※敬称略
小黒 一正 法政大学 経済学部 教授
菅原 琢磨 法政大学 経済学部 教授
土居 丈朗 慶應義塾大学 経済学部 教授
別所 俊一郎 東京大学大学院 経済学研究科 准教授
堀 真奈美 東海大学 健康学部 健康マネジメント学科 教授
和久津 尚彦 名古屋市立大学大学院 経済学研究科・経済学部 准教授

協賛企業

MSD株式会社、武田薬品工業株式会社、ノバルティス ファーマ株式会社、ファイザー株式会社、マルホ株式会社

PAGE TOP