小黒一正理事

法政大学経済学部教授。1974年生まれ。
京都大学理学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。
1997年 大蔵省(現財務省)入省後、大臣官房文書課法令審査官補、関税局監視課総括補佐、財務省財務総合政策研究所主任研究官、一橋大学経済研究所准教授などを経て、2015年4月から現職。財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、経済産業研究所コンサルティングフェロー、厚生労働省「保健医療2035推進」参与。厚生労働省「社会保障審議会年金部会・年金財政における経済前提に関する専門委員会」委員。鹿島平和研究所理事、新時代戦略研究所理事、キャノングローバル戦略研究所主任研究員。専門は公共経済学。主な著書に、『財政危機の深層―増税・年金・赤字国債を問う』(単著/NHK出版新書)、『アベノミクスでも消費税は25%を超える』(単著/PHP研究所)、『財政と民主主義 ポピュリズムは債務危機への道か』(共著/日本経済新聞出版社)、『財政破綻後 危機のシナリオ分析』(共著/日本経済新聞出版社)、『薬価の経済学』(編著/日本経済新聞出版社)等がある。

スタッフ一覧

  1. 朝井淳太

    代表

  2. 梅田一郎

    理事長

  3. 小黒一正

    理事

  4. 田中治幸

    監事

  5. 後藤礼二郎

    広報部長

PAGE TOP